座骨神経痛

こんな症状でお困りではありませんか?

  • お尻や足ががしびれて痛みがでる
  • 足が痛くて歩くのがつらい
  • 腰回り足が痛くて眠れない
  • 立つ、歩くなどで、しびれや痛みが増す

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びる坐骨神経がどこかで圧迫されたり刺激されたりすることで出ている痛みやしびれなどの症状を坐骨神経痛と言います。

座骨神経痛の原因

ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などあげられます。簡単に言いますと長年の使い方などで蓄積した骨格の歪み、筋肉の問題と考えます。

他に、内臓疲労が考えられます。当院では腎臓の疲れがたまっている方が多いです。

症状となってでたのは、最近何かやったというよりも、長年の使い方で身体の歪みが蓄積しており、その状態で負担のかかる使い方を続け、その結果神経を圧迫し、今それが症状となってでたと考えます。

今までの身体の使い方

同じ姿勢、立ち仕事や昔スポーツで痛めた負担のかかる仕事などしていたなど

身体の歪み

骨格、筋肉、内臓のつかれ、冷え性など

長年の歪みが神経を圧迫

ほかに妊娠中で圧迫される。
産後歪みで圧迫されるなどあります。

当院では

骨格・筋肉・内臓の視点から施術していきます。

長年の使い方で歪んだ身体を整えていきます。痛みがでているところでなく全身の歪みが関係します。

痛みをとっていくというよりも、歪みをとっていくことで身体が動くようになり、痛みが取れていくと考えてください。

身体の歪みを整える

身体の使い方をアドバイス

日常生活の改善

他にスポーツの古傷、妊娠や産後の変化、冷えなども関係します。日常の身体の使い方を改善し、個人個人にあった痛みの改善と再発しにくい身体に向かうように整体でサポートします。