野澤 ユキ

のざわ

ありゅめ整体院長

趣味 散歩、漫画、お笑い

出身地 長崎県島原市
生年月日 1977年12月
開業 2014年

Profile Picture

はじめまして

代官山・恵比寿の整体院「ありゅめ整体」の野澤です。

「身体が良くなることで周りが良くなり、その変化が未来につながる」

そういう想いで整体をしております。

「肩こり腰痛がなくなり、健康な方が増える」これが私の使命です。

自由な頃

4歳くらいの頃、とても自由だった記憶があります。私は菜の花畑で一人植物や虫と遊び、田んぼに流れる小川の音を聞き、心地よい風が吹いていました。

何にもとらわれず、自然を感じていられる。もっとも健康的であった記憶です。

健康を失う

20代の頃、飲食店をやっていました。不規則でしたがやりがいがありました。

ところが数年後、元々あった肩こり頭痛がひどくなり腰痛まででてきました。婦人科、アトピー、など他の不調もでてきました。身体がおかしいな、、そう感じる事が多々ありましたが、痛み止めなど薬でごまかし続けました。

不調が当たり前となり、不調とも感じなくなりました。数年後、急にお腹が妊婦さんのように腫れ、病院に行くとすぐに入院となりました。

私は今までを振り返り、良くなったら何か人の為になる事をしようそう心に誓いました。

そこから生活を変え、食事の回数を減らし、身体を温めるようにし、考え方を変えていきました。どんどんと不調が改善していきました。身体の回復力のすごさに驚きました。身体のことを勉強することで健康にどんどん興味がわいてきました。

健康に関する仕事をしよう。

整体への道

最初は産前産後・婦人科専門の治療院で学び始めました。

私の整体師としてのスタートは妊婦さんの整体からでした。その後も良い先生がいると聞くと、あちこちへと学びに行きました。

2014年に私のように身体の不調や痛みを見過ごしたら大きな病気となってしまう。

その前に必ず良くする。

そういう思いで開業しました。

その後、ただ押すことの大切さを教えてくれる師に出会い、ただ押す。触る。観る。感じる事の質を上げる事に学びを変えました。

私自身、いろんな先生に診てもらいましたが、20年物の肩こりがなくなることはありませんでした。仕事柄あきらめていましたが、この整体に出会い、今肩こりはなくなりました。

余計なものをそぎ落とし、よい結果がでるように、今も勉強を続けています。

私の考える健康とは

心身が整っていてやりたい事やできる事に力を注げること。

旅先でなくても、普段から風の心地よさや、鳥の鳴き声に気づいたり、自然の変化を感じ喜べる事。

心や身体、感覚が自由に近づくことだと思います。

私も、もっとそうなりたいですし、あなたにも健康になってほしいです。

新たに

痛みや不調が良くなることは余裕ができますので、やりたいことができるようになる。仕事や家事に力を注げる。そうすることで周りも良くなっていく。健康になる事は人生の質が良くなると考えています。

「あなたが良くなり変化した先で、周りも変化し、良い未来や次世代につながっていく」

それがお店のコンセプトです。

そうなりますように、まずは私から学び変化し続けます。

私のできる事は身体を整えることです。そのサポートの質を上げる事で健康な方がふえますように全力で取り組んでまいります。