妊娠中の腰痛

新しい生命の誕生に向け、妊娠中は身体が大きく変化し、骨盤は人生で一番開きます。

こんな妊娠中の症状でお困りではありませんか?

  • 妊娠してから腰痛になった
  • お尻が痛く、しびれもある
  • 元々腰痛もちだったが、悪化している
  • 股関節が痛い

妊娠中に腰痛になる方は多いです。元々腰痛持ちの方は悪化することが多いです。

どうしてなるの?

お腹が大きくなることで姿勢が変わる

お腹が大きくなるとお腹が前に引っ張られますので腰は反ることになります。負担がかかりますので痛みとなりやすいです。

ホルモンの影響により関節が緩む

妊娠中はリラキシンという女性ホルモンがでます。リラキシンは関節靭帯を緩める作用があり出産に向けて恥骨結合を緩めていきます。

恥骨が緩むので骨盤が開きます。

しかし今まで筋肉を固めて使っていたり、元々腰痛があった場合、身体は変わろうとしているのに、同じ使い方をしますので、バランスが崩れ歪みが大きくなります。腰痛だけでなく、肩こりなど元々感じている不調を大きく感じやすいです。

冷えや便秘からの腰痛

妊娠中はほてりやすいですが、下半身は冷えやすいです。

お腹も大きくなることで内臓を圧迫しますので便秘や冷えが起こりやすくなります。そのため腰痛の症状となって出やすいです。

赤ちゃんのために身体は変わろうとしています。同じような使い方をしていますと腰痛は悪化しやすいです。

あなたが普段できる事

  • ペタンコ座り、横座りをやめる
  • 悪いニュースや情報は少なくする
  • お腹~下半身は温める
  • スマホの時間を少なくする
  • 前かがみの姿勢を減らす

仰向け寝で腰に丸めたバスタオルをいれ、脱力する。このストレッチは妊娠中の腰痛に有効です。

冷えは逆子の原因にもなりますので特に気を付けてください。

すべては出産のため、赤ちゃんのために身体は変わろうとしています。考え方としましては、「あなたが赤ちゃんのだったら、ママにどうしてほしいか?」「赤ちゃんの居場所を心地よくするにはなにができるか?」です。そのように行動すると楽になりやすいです。

当院ではこんな整体をします

骨格や筋肉の問題が多いですので、妊娠中の身体の歪みをやさしい整体で整えていきます。

お腹の張りをとり、赤ちゃんの居場所を楽にします。あなたも赤ちゃんも楽になります。

初期から臨月までの施術実績がありますので安心してお声がけください。臨月までやることで、出産が楽になります。歪んでいる骨盤より整っている方があなたも赤ちゃんも楽ですよね。

身体の使い方や、ストレッチなどアドバイス致します。身体の改善とともに赤ちゃんの居場所を楽にし、良い出産に向け整体でサポート致します。

身体を優しい整体で整えます

身体の使い方アドバイス

生活習慣改善

良い出産のために変えていきましょう