肩こり

肩こりと症状

  • 肩こりがひどく頭痛までしてくる
  • 肩こりや首が痛くて吐き気がする
  • 肩こりがあり冷えも強い
  • 生理前後に肩の痛みが増す

肩こりは日本では女性の自覚している症状の1位を占めます。姿勢と生活習慣によって凝りやすい構造になっています。

肩こりの原因

  • 猫背などの姿勢
  • 前のめりで首に負担もかかっている
  • 肩首で腕を持ち上げている
  • デスクワークなどの長時間の仕事
  • 力が抜けない
  • 冷え性
  • 内臓疲労
  • ストレス

こういう方に多いです。

日常の使い方の積み重ねにより、身体の歪みが重なっており、回復しにくい身体になっています。肋骨や骨盤を固めて、力を抜けない状態でいることが多いです。

姿勢による肩首への負担

頭の重さは4キロほどですがスマホを見るような角度でその重さは18キロの負担となり首背中に行きます

スマホ自の首絵の負担
スマホ首の負担

片腕は3キロほどです。肩で持ち上げている方が多いです。そういうタイプの方はは腕だけでなく、固まった肋骨も持ち上げている傾向にあります。無駄に持ち上げ肩に負担をかけ続けています。

内臓・自律神経からの肩こり

忙しい、休めない、やらなばなど、交感神経が優位な状態が続き、なんとかしようとアドレナリンで頑張っている場合腎臓が疲れ、呼吸が浅くなり、力が抜けない状態になります。肩こりが慢性化しやすい状態です。

又、食べすぎなどで胃腸が疲れ腎臓や肝臓にも負担がかかっている場合、消化や内臓の回復に力を使いますので肩に痛みがでたりします。

特に生理前後で悪化する方は内臓疲労や冷えなども関係します。

普段の使い方

身体の歪み

骨格、筋肉、内臓、自律神経の歪み

冷えや内臓の疲れ

あなたができる事

  • 腕を持たない
  • 肩甲骨、鎖骨、脇周りを普段から動かす 
  • 上顎に舌をつける 肩回りの力が抜けます。
  • 首をポキポキ鳴らさない
  • 寝る前のスマホはやめる
  • シャワーではなくお風呂に入る
  • 肘を机に乗せてパソコンをする
  • エアコンの風に直接当たらないようにする
  • 食べ過ぎをやめる 特に生理前後できつい人は排卵後からは1日2食をおすすめします。

当院の整体では

骨格、内臓、自律神経の視点から身体の歪みを調整していきます。

肩だけの問題ではありませんので、全体的に歪みを整え、個人個人に合わせて整体いたします。

身体の使い方や生活習慣などの改善は重要です。

身体を整える

骨格筋肉、内臓、自律神経の視点

身体の使い方をアドバイス

日常生活の改善

長年の身体の歪みをとっていく、生活習慣や身体の使い方を変えていくことで肩が凝りにくく、回復しやすい身体に向かうように整体でサポートしていきます。