妊娠中の恥骨痛

妊娠中の恥骨痛と症状

  • 歩くと恥骨が痛い
  • 何かの拍子に痛みがでる
  • 寝ている時寝返りでいたい
  • 病院でひどくなるだけと言われ、出産が不安

妊娠中の恥骨痛はなぜおこるのでしょうか?

新しい生命が誕生するために妊娠中のあなたの骨格は人生で一番開きます。

妊娠中にでるホルモンリラキシン

妊娠中は恥骨結合を緩めるリラキシンというホルモンが出ます。

出産の準備に向け骨盤が広がるためです。このことにより身体が大きく変化しますので痛みとなりやすいです。

歪んだまま広がるので捻じれる

す今までの身体の使い方でねじれがあり、そのまま骨盤が広がりますので、ねじれたまま広がることになります。

お腹が大きくなることで、ねじれて引っ張られている恥骨結合に、より負担がかかりやすくなり痛みとなって出やすいです。

身体の歪みがある

今までの使い方の癖などによるもの
事故などによる歪み
スポーツの古傷

恥骨結合が緩む

出産のため骨盤が開いていく

痛みとなっている

出産の準備のためにあなたの身体は恥骨を緩めようとしています。

骨盤が開くことで赤ちゃんの居場所が楽になり、出産しやすい身体へ変化を始めています。ですので痛みは身体が歪んでいることを教えてくれています。

恥骨痛の改善のために当院の整体では

骨格から身体の歪みを整えます。特に骨盤。恥骨、骨盤周りの筋肉をメインに調整します。

恥骨痛の改善とともに、お腹の張りをとり、赤ちゃんもあなたも楽になるように施術していきます。身体の使い方などアドバイスいたします。

身体を整えることで、赤ちゃんの居心地もよくなり、出産時が楽になります。

良い出産を迎えるように整体でサポートします。

歪みを整える

全体の捻じれ、骨盤、恥骨結合の歪み、筋肉の調整

歪みにくい身体の使い方をアドバイス

骨盤がずれにくくなります。。

出産に向け準備していく

あなたも赤ちゃんも楽になります

歪みを整える

骨盤、恥骨の捻じれ、引っ張っている筋肉、圧迫された肋骨など調整していきます。

STEP
1

歪みが戻る前に

前回の整えた状態が7割以上残った状態で次の施術をするのが理想的です。

歪みが戻ってしまってからはまた時間がかかるからです。

STEP
2

整ってきますと

恥骨痛の改善と共にお腹も安定します。

良い出産に向けて準備していきます。

STEP
3
妊娠中の恥骨痛、腰痛

施術事例
妊娠中の恥骨痛、寝返りなど、ふとした事で激痛。たまに腰痛
病院で治らないと言われた。第一子の時も恥骨痛がひどかった。

Read more